Reverse MX API:APIコールで関連ドメインをチェック | WhoisXML API

Reverse MX API:特定のメールサーバーを使用しているドメイン名を確認

特定のメールサーバーとリンクしているドメイン名をAPIコールで確認。評判の悪いホストを避けたり、メール配信を改善したりすることができます。

スタート

500 APIクレジットが無料。クレジットカードは不要です。

42億以上のドメインとサブドメイン
数十億のMXレコード
52,000以上のお客様にご満足いただいています
12年以上のデータクローリング

Reverse MX APIとは

Reverse MX APIでは、APIコールを介して、指定されたメールサーバーに複数のドメイン名があるかどうかを確認すできます。この情報は、あるメールサーバーが専用なのか、複数のホストで共用されているのかを確認するのに役立ちます。

Reverse MX API

特長

  • 最新の包括的なデータ

    Reverse MX APIの応答は、当社で頻繁に更新しているDNSデータベースから得られる、数十億のドメイン名/サブドメインに関する数百万ものMXレコードをもとにしています。

  • すばやい応答とスムーズな統合

    Reverse MX APIは、共有メールサーバーを持つドメインに素早くアクセスするための、高速で使いやすいAPIです。クエリの結果は全て適切に解析され、JSONやXMLのような一貫性のある形式に正規化されています。貴社のビジネスプロセスへの統合も簡単です。

実践的な活用法

ブラックリスト対策

ブラックリスト対策

貴社のメールサーバーがブラックリストに載るのを防ぎ、メールデリバラビリティへの悪影響を回避します。Reverse MX APIを使用して、スパム、フィッシング、その他の悪意ある活動に関与している可能性のある悪質なホストを特定します。

セキュリティの向上

  • 一見関係なさそうな、しかし実は関連しているドメイン名を発見。
  • あらゆる組織のメール機能を分析し、その構造やセキュリティの脆弱性に関する手がかりを収集。
  • 悪意があるかもしれないメールサーバーについて詳しく調査。
セキュリティの向上
DNS Database Download

Reverse MX APIのデータは、巨大なパッシブDNSデータベースから取得しています。

当社のパッシブDNSリポジトリには、何十億ものドメイン名とサブドメインの過去のDNSレコードが含まれています。当社のパッシブDNSデータベースで、あらゆるインターネットプロパティとそのDNSレコードについて知るべきことを全て把握できます。

データベースを注文
Reverse MX API | WhoisXML API

500 APIクレジットが無料。クレジットカードは不要です。

スタート

Premium API Service

大規模APIデプロイメント向けの高速スロットリングが可能な専用ロードバランサーおよびプレミアムエンドポイントを備えた強化版もご用意しています。

詳細はこちら

Enterprise API Package

Reverse MX APIは、Reverse NS、IPなどのドメインインテリジェンスAPIとともに、年額エンタープライズサブスクリプションの一部として、明朗な価格でご利用いただけます。

詳細はこちら